ブログ ブログ
アイコン ブログ

お庭の様子や旬の素材から、箱根の豊かな自然を皆様のもとにお届けしたいと思っております。
時折、お読みいただいて、箱根の 事を思い浮かべていただければ幸いです。

春分の頃

茶道を熱心に学んでいた先代の女将が、竹藪だった場所に立礼席(椅子とテーブルの茶室)を作りました。
嵯峨野の様な風情にしたいと石灯籠などを取り寄せ、植木屋さんと一緒に配置を考え、つくばいには銀閣寺型を置き、京都から北山杉と椿の銘木である「朴伴椿」と「孔雀椿」を仕入れて京都風の庭を作りました。

朴伴椿
朴伴椿は中の芯が黄色く大きいので、別名「月の光」と言います。

 

孔雀椿
孔雀椿の花は、何枚もの紅い花びらの中に白い花びらが1枚混じっていて、木の上の方から咲いていきます。
蕾は葉に隠れていて、その蕾が開くと木全体が孔雀の羽を広げた様に華やかになります。

 

コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA


ページトップへ戻る